入門編

ポーカーの大会で一獲千金

更新日:

ポーカーには大きく分けて2つの稼ぎ方があります。ひとつはキャッシュゲーム、そして、もうひとつが大会(=トーナメント)です。キャッシュゲームはコツコツと勝ちを積み重ねていくのが基本ですが、トーナメントでは一獲千金も夢ではありません。

トーナメントはプレイヤーそれぞれが参加費を持ち寄って賞金プールを作ります。その賞金を上位10~20%くらいの入賞者で分け合うという形が多いです。当然、上位にいけばいくほど獲得賞金は大きくなります。

参加人数が多く、参加費が高いトーナメントになると、優勝者の賞金が10億円を超えることもあります。なかには、なんと参加費が1億円、優勝賞金が約20億円という大会までありました。

トーナメントは運に左右される割合がキャッシュゲームに比べ大きいですが、スキルゲームであることに変わりはありません。一獲千金のチャンスは、宝くじを買うよりも十分にあると思います。

生涯獲得賞金ランキングトップのDaniel Negreanuは、$33,153,605(2017.5月の時点)を稼いでいます。もちろん、この金額がそのまま利益なわけではありませんが、かなりの額を稼いでいるのは間違いないでしょう。さらに、キャッシュゲームやオンラインポーカー、プロとしての活動を含めれば一体いくら稼いでいるのか・・

ここからは、どんなトーナメントがあるのかいくつかご紹介したいと思います。

WSOP

ポーカーにおいて最も有名で、最も権威のあるタイトルがこのWSOP(=World Series Of Poker)でしょう。1970年から始まり、その歴史はおよそ50年にもなろうとしています。毎年、アメリカのラスベガスで5月~7月にかけて開催されます。

メインイベントは参加費が約100万円、この10年の参加人数は6~7000人前後で推移していて、優勝賞金は約10億円前後となっています。

サイドイベントも充実していて、東大卒のプロポーカープレイヤーである木原さんは、2012年、日本人で初めてこのWSOPのタイトルを獲得したことで有名です。そのときの優勝賞金は$512,029($5,000 Event #34: PLO 6-handed)でした。その後、2015年には中井孝浩さんが$1,000 Event #57: NLHEで優勝して$399,039を獲得しています。

参考WSOP 

その他

WPT(=World Poker Tour) 

APT(=Asian Poker Tour) 

Aussie Millions 

PokerStars Live 

PokerStars Championship 

PokerStars Festival 

POKERSTARS LIVE MACAU 
→ ACOP(=Asia Championship of Poker)、Macau Poker Cup

POKERSTARS LIVE MANILA 
→ Manila Megastack

日本でのトーナメント

日本でもいくつかポーカーのトーナメントが開催されています。日本の場合、法律により参加費を賞金に充てることができないので、スポンサーから賞金や景品が送られるという形式になります。

AJPC

AJPC(=全日本ポーカー選手権)は、2007年から開催されているトーナメントの大会です。2016年には、なんと優勝者に賞金100万円が贈られました。参加費が無料なのにも関わらずです!

それまでは優勝しても現金ではなく、100万円相当の海外トーナメント出場権と渡航費の補助というのが賞品でした。2017年はどうなるかわかりませんが、要注目の大会です。

参考AJPC 

JOPT

JOPT(=Japan Open Poker Tour)は、2011年から開催されているトーナメントの大会です。こちらの大会はオンラインポーカー最大手のPokerStarsがスポンサーとなっています。上位入賞者は、海外のトーナメント出場権と渡航費のサポートが受けられます。

参考JOPT 

記事下レクタングル大

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

スポンサーリンク

-入門編

Copyright© 副業ポーカー , 2017 All Rights Reserved.