PioSOLVERの使い方と研究

このページでは、PioSOLVER basic を使ったGTO戦略を研究(=ハンドレビュー)をしていきます。ポジション、ハンドごとにデータをまとめました。各ボタンを選択してご覧ください。

スマホでご覧になられている方は、画像をピンチイン・ピンチアウトすることで拡大・縮小することができます。随時、コンテンツを追加していきます。掲示板でもハンドレビューをしていますのでお気軽にご利用ください。

掲示板

ハンドレビュー掲示板

続きを見る

PioSOLVERの使い方はページ下部にて説明しています。PioSOLVERで使えるPokerSnowieのpreflop advisorのデータも用意しました。ダウンロードして自由にご利用ください。

ポジション


UTG


MP


CO


BTN


SB


BB

ハンド


AK


AA-KK


QQ-JJ


TT-88


77-22


98s-54s


KQs-T9s


AQ-AT


A9s-A2s


KQo-JTo


KJs-J9s


A9o-A2o


others

PioSOLVERを使う理由

ポーカーというのは、シチュエーションによって最適な戦略が変わってきます。しかも、運が勝ち負けを左右するということもあり、勝ったから正しい、負けたから間違っていたとは一概に言えず、初心者にとっては何が正解かわかりにくいという状況に陥りがちです。

そこで、PioSOLVERの出番です。PioSOLVERは、ヘッズアップにおけるGTO(=Game Theory Optimal)戦略を計算してくれるツールです。GTO戦略がわかれば、「数学的に正しい答え」が少なくともわかります。しかし、実際にはほとんどの対戦相手がGTO戦略からかけ離れたプレイラインを取るので、GTO戦略を勉強しても意味がないと思う人もいるようですが、それは違います。

PioSOLVERでは、まずはGTO戦略の計算をしたあと対戦相手のリークを考慮に入れて再計算することもできます。そうすると、相手がどれだけ最適なプレイからかけ離れているのか、そしてそれを搾取するためにはどうプレイすればいいのかということまでわかります。

PioSOLVERの使い方

基本的な使い方


まず、OOPとIPの想定レンジを入力します。その後、Board、Starting Pot、Effective Stacks、IP/OOPのBet sizes、Raise sizesを入力して、Build treeをします。treeが完成したら、Goで計算を開始します。

accuracy settingsを設定すれば、GTO戦略をどこまで正確に計算するかを決められます。計算時間に影響する部分なので、状況に応じて調整します。

ベットサイズを調べる

Bet sizes、Raise sizesに複数の選択肢を入力すれば、頻度やEVを比較することで、どのサイズが有力なのかという方向性を探ることができます。

対戦相手のリークから搾取する方法

まずは、通常通りGTO戦略を計算します。その上でSet strategy and lock nodeという機能を使って、相手のリークを考慮に入れた搾取戦略を計算することができます。

preflop advisorのデータ

piosolverフォルダーの中にある「ranges」に、解凍したフォルダーをそのまま放り込んでください。

 

記事下レクタングル大

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 副業ポーカー , 2017 All Rights Reserved.