MP KJs-J9s IP

KTsでリバーツーペア、フロップからの強いアクションに耐えられるか?

投稿日:

フロップ

バックドアフラッシュのついているハートの場合はベットとチェックを半分ずつですが、それ以外のKTsはほぼチェックですね。本当にバリューがあるハンドでベットとチェックを混ぜることで、ドローや弱いハンドでのベットにも価値を持たせているように思えます。

フロップCBに対してレイズを返されました。このレイズレンジにはのストレートドローやフラッシュドローも多く含まれていそうです。なので、ここはトップヒットで当然コール。

ターン

ターンでストレートやフラッシュの完成カードが落ちてしまいました。このベットに対して、フロップとは打って変わりハート以外のKTsは36.3%でコール、63.6%はフォールド。フロップでのレイズというアクションも加味して、ワンペアでのコールは厳しいですね。

リバー

リバーのオールインに対して、ざっくり4割コール、6割フォールド。ハートの場合コール頻度が落ちる理由は相手のバックドア狙いが比率として少なくなるので、マジ手である確率が上がってしまうということでしょう。

記事下レクタングル大

記事下レクタングル大

-MP, KJs-J9s, IP

Copyright© 副業ポーカー , 2018 All Rights Reserved.