BB KQs-T9s IP

JTsがフロップストレート完成したときのポストフロップライン。

投稿日:

フロップ

フロップでナッツストレートが完成しました。フラッシュドローやペア、オーバーペア、ツーペアあたりに引き続きコンティニュエーションベットを打ってもらおうとジャストコールにとどめましたが、これはミスプレイだったようです。

ツートーンボードで、しかもかなりコネクトしているヘビーウェットなボードです。フラッシュが完成したり、ペアボードになった瞬間、自分のハンドがナッツである可能性が脅かされます。現状ナッツなのであれば、しっかりとバリューを取って、ドローに相応のリスクを負わせるべきでした。

もしフロップCBに対してレイズした場合、結果論として相手はAd6sを持っていたのでコールするのがGTO的には正解でした。ターンで5cが落ちたことで相手は下のストレートを完成させます。相手のチェックに対してこちらが7割のCB、相手はレイズAI、当然それにコールという流れが一番よかったことになります。

ターン

フロップのプレイはミスでしたが、ターンについては正解でした。ターンで引き続きCBを打たれたのでレイズ、それにリレイズAIを返されても当然コール。

記事下レクタングル大

記事下レクタングル大

-BB, KQs-T9s, IP

Copyright© 副業ポーカー , 2018 All Rights Reserved.