BTN KQo-JTo IP

ターンでベットされ、ストレートもありうるボードでOESDのレイズはやりすぎか?

更新日:

ターンのOESDはレイズはやりすぎ?

フロップはxxで回ったので、ターンのベットはブラフがかなりの割合で含まれると思い、OESDということもありレイズしました。しかし、ボードはストレートもありうる状況です。相手のコールレンジはワイドで、76s、フラッシュドロー、セット、オーバーペアなど、レイズにコールしそうなハンドも多くあります。これは単にコール止まりにしておいたほうがよかった気がしたので確認してみました。

結果、ほぼ100%の頻度でコール。レイズはバリューのあるハンドでしかほとんどしていません。完全にミスプレイですね。結果的には勝ちましたが、ターンでオールインされたら100%コールできません。自分からバリューを取られにいっているようなものです。

記事下レクタングル大

記事下レクタングル大

-BTN, KQo-JTo, IP

Copyright© 副業ポーカー , 2018 All Rights Reserved.