BTN KJs-J9s IP

J9sでフロップツーペアはオールインまでいっていいか?

投稿日:

フロップ

フロップは約60%の頻度でベット、40%でチェック。バックドアフラッシュもあるJs9sなら70%でベット、30%でチェック。

CBに対してレイズを返された場合は、62%でリレイズ、38%はコール。このボードは割りとドライで、レイズするレンジとしてJJ,99,22のセットやQT,T8などのOESD、J9のツーペアなどが考えられます。

しかし、自分がJ9を押さえているので相手のセットやツーペアの可能性は低くなっています。持たれていたら仕方ないという感じでしょうか。

ターン

相手は引き続きCBを打って強さを主張しています。これに対してJc9cは32%でレイズオールイン、68%でコールですね。

リバー

もしターンはコールにとどめた場合、リバーで相手がオールインをしてきてもコール一択。

1874/5769=0.3248なので、オッズコールということになります。

記事下レクタングル大

記事下レクタングル大

-BTN, KJs-J9s, IP

Copyright© 副業ポーカー , 2018 All Rights Reserved.